MICKA BOUZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

公園で学ぶ




この週末、
家からちょっと離れた公園へ弁当持って遊びに行きました。
この公園はまだ新しいようで、きれいだし大きな遊具もあるし、
大変お気に入りでございます。
と言っても、行ったのまだ2回目なんですけどね。
だって遠いんだもん(涙)


で、冒頭の写真、息子は何を見上げているのか。
その視線の先には。





この大きな遊具を見上げていたんですねえ。
右側の、大きなぐるぐる滑り台です。
しかしこの滑り台をすべるためには、
垂直に張られたネットをクライミングせねばなりません。


しかしその垂直ネットで遊んでいるのは、
どう見ても幼稚園児以上の、息子よりも大きい子達です。
まだ息子にはちょっと早いかなあ。
と思っていたのですが。




余裕で登ってました。
ちなみに左側の超ロング滑り台は、ひとりで何度もやってました。


かなり遊んで、オットと私は疲れて日陰で座り込んでいたのですが、
息子はひとりで遊び回っていました。


で、そろそろ帰ろうか、と息子に声を掛けたら、
息子はかぶっていた帽子を脱ぎ捨てて猛抗議。
かわいそうな帽子は、地面に放り投げられてしまいました。


 「ハルー、帽子投げたらあかんやん。
  かぶらへんねやったら拾ってこっちに持っておいで」


と言いましたが、全然言うことを聞きません。
でもこちらの様子をチラチラ見て気にしている感じでした。
その間、その帽子のそばを何人もの子供たちが通り過ぎました。


「あ、誰かの帽子落ちてる」みたいなそぶりを見せる子もいれば、
チラッと見ただけで素通りする子もいれば、
拾いかけてやめる子もいました。
とにかく、誰もその帽子に触ろうとはしませんでした。


息子は相変わらず私の言うことを聞こうせず、
ひとりで遊んでいます。


そのとき、ひとりの女の子が帽子の方に歩いてきました。
幼稚園年少か年中ぐらいかなあ。
明らかに帽子を見据えています。
どうするんだろう。
拾って持ち主を探してくれるのかな。


と思いながら見ていたら、
なんと帽子を思い切り踏ん付けてそのままスタスタと通過しました....


私はそれを目の前で見て、
ものすごぉぉく腹が立ちまして、
その女の子を追いかけて頭しばいたろかと思ったんですが、
すんでのところで思いとどまり、帽子を拾いに行きました。
で、「なんやあのガキ!ロクな大人にならんわ!」と
結構でかい声で吐き捨てました(←大人げなさすぎ)


多分、その女の子は別に深い考えもなく、
ただ帽子が落ちていたその部分を踏みたかっただけでしょう。
枯葉とかを踏みたい気持ちと似ていると思います。


でもさー、やっぱ枯葉と帽子は違うでしょう。
もし自分の持ち物が目の前で踏ん付けられたら
どんな気持ちになるでしょう。
ていうか、まさか持ち主が目の前にいるなんて思わなかったのかなあ。
いや、持ち主が目の前にいようといまいと、
そういうことはやっちゃイカンだろうと思うんだけども。
....まだそういうこと考えられないかなあ。
そうか、そりゃそうかもしれんなあ。


だけど、とにかくそのときの私はなんだか異常に腹が立っていて、
オット相手にぶつくさ文句を言ってたんですよ。
近くに座っていた人が、私のあまりの剣幕にチラ見してましたが、
そんなのまったく気にせずにブツブツと。
ま、落ちてるのわかってて放置してたこっちも悪いんですがね....


で、かなりぶつくさ言って、機嫌もだいぶ直ってきたとき。
突然女の人から「あのう....」と声を掛けられました。
何事かとびっくりしながら顔を上げると、なんと。
さっきの女の子がお母さんに手を引かれ、目の前に立っていました。

 「あの、さっき娘が帽子を踏んでしまったそうで....
  すみませんでした」

と頭を下げられました....
私はしどろもどろに「えっ、あ、いえ」と言いながら変な汗をかき、
その後その母子が戻っていった場所を見て更に冷や汗を流しました。
だって、だって。
私達のとなりだったんですよー!
しかもさっきから私をチラ見していた人は、
なんとその女の子のおじいちゃんだったー!
ひえーーー....




教訓。
「本人がすぐそばにいることを常に想定するべし」
落し物を見つけたときも、ぶつくさ文句を垂れるときもね(汗)


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

あのぉ・・・実は・・・
あの時帽子を踏んづけてしまったのは、
ウチの娘なんです・・・( ̄Д ̄;)本当にゴメンナサイ!!!



…っていうブロガーが現れないことを祈る…( ̄人 ̄)
祈りながら応援ポチして帰りますw

まー | URL | 2006年09月11日(Mon)20:40 [EDIT]


■まーさん
ちょ、もう!マジでびびったじゃないですかっ!
びびりついでにちょっとちびったじゃないですかっ!
てかまーさん、冷静に考えたら娘さんいないし!
なんかね、気が強いクセに小心者なんですよ、あたしゃ(涙)
てかご訪問ありがとうございました。
またきてね。
応援ありがとうございます。ペコ。

マッハ | URL | 2006年09月11日(Mon)21:04 [EDIT]


ひえ~そりゃビビリますなぁ(;゜;∀;゜;)
越後屋も以前人の批判をしていたら、近くにその子がいたことが判明…
カナーリ気まずかったですわ_| ̄|●
まぁ気になることは正々堂々と?言った方がスッキリするかもね…
オトナですが、いろいろと気をつけていかねばね(*´Д`)=з

越後屋 | URL | 2006年09月11日(Mon)23:08 [EDIT]


腹立つ気持ち、わかりますね。帽子に気づいてたわけでしょ。

けど他人の子を叱るのって、躊躇しちゃいますよね。私はときどき注意することありますが、特に4、5歳にもなると、「なんでこの人が私に注意するわけ?」みたいな目をされて余計不快になることもあります。最近雷親父も減りましたしね~。

せんべい | URL | 2006年09月12日(Tue)02:10 [EDIT]


帽子すっごく似合うなあ~ハル君。シブイ(死語?)。

でも、マッハさんの文句が母親に聞こえてて良かったんじゃないですか?その女の子の為にはなったと思いますよ。でなきゃ、お母さんも気付かなかったかもしれないし(か、見て見ぬふり)、女の子もそれが悪いことで、誤らないといけない事だって分かったはずだから。子供が小さいうちは大人がお手本にならないといけないし、その点からいえば、その母親はエライ!私だったらおっそろしくなって、その場から走り去ってたかも。。。(笑)



ヨシのママ | URL | 2006年09月12日(Tue)04:17 [EDIT]


わぁ~びびっちゃいますね。
でも、言われても仕方が無いことをしたんです。
謝りに来たことは偉いですけどね。
落ちてて汚いもの意外は踏んじゃダメですw

私も昨日・・・あったんですよ・・・
本日のブログにUPしようと思ってました。
かなりの怒りですわよ・・・ε=(=`・´=) プンスカプン!

かぼち | URL | 2006年09月12日(Tue)06:14 [EDIT]


はじめまして。
楽しいブログなのでときどき遊びに越させていただいてます。
先日小学生くらいの男の子が投げたボールがうちの子供に
あたったんですけど、その子が謝らなかったもので、
コレが親ね!と見当をつけた人をチラ見して聞こえるように
「ちょっとアンタ!人にボール当てて謝ることできないの?」
って子供に注意したんですけど、私が見ていた人親じゃなかったようで、
逆に寂しい思いをした事があります・・・。

Nocco | URL | 2006年09月12日(Tue)09:30 [EDIT]


はううぅぅっ。そりゃ変な汗かいちゃいそうだわ。
私も保育園でピアノをガンガン叩いてた男の子に「やめなさいッ!!」って怒ってたら後ろに親が立ってたことあります。
っていうか居るなら注意してくれよ~と親にムカついてしまいましたが。
怒らない親、謝らない親がいる中で、マッハさんもその母親もエライですよ~。

ぴよこ | URL | 2006年09月12日(Tue)10:34 [EDIT]


ひぇ~^^;
想像しただけでも冷や汗もんの状況ですね。
しかし、滑り台、よっぽど気に入ったんでしょうね。
写真みたら分かります。
僕も滑ってみたいです!

おとぅ | URL | 2006年09月12日(Tue)10:36 [EDIT]


うわ~、さぞ気まずかったでしょうね~。

この帽子が踏まれたと思うと悲しいわ~・・・。
その女の子も、いずれは落ちてる帽子を見つけたら
近くの木の枝にでもひっかけるくらいの知恵はつくんでしょうけど。
ちゃんと謝りにきてくれるお母さんだから、これからしっかり躾けてくれることでしょう。

ひろる | URL | 2006年09月12日(Tue)12:00 [EDIT]


あははは!そりゃびびったね(笑)
しかし、女の子の家族の方がびびったんじゃない?
「マッハ、怒ってるよって」←マッハとは知らないはず。
でも間違えたこと言ってないから大丈夫だよ(言い方が怖かったんじゃない^^)
私も血の気多いから、同じ状況だったら同じ事言っちゃうかもなぁ~気をつけなきゃっ!

でも今は「怒らない親」が多い世の中だよねー
悪いことは悪いって教えてあげなきゃだよね!
ちなみに私はちゃんと教えてますよー

くるみんママ。 | URL | 2006年09月12日(Tue)13:54 [EDIT]


どひゃ~~~~~!!!!
だね!((((爆)))))

この公園の遊具は楽しそうですね。
ハル君が帰りたがらないのはわかります。
大人には疲れるかな^^;

勿論帰りはお決まりの地蔵?w

てっちん | URL | 2006年09月12日(Tue)16:17 [EDIT]


■エッツィー
ほんとにもうびびりましたよ!
私の暴言を全部聞かれてたのかと思うと....ああ思い出しても冷や汗。


■せんべいさん
ああ、萎縮しちゃう子ならまだしも、逆切れされたら
余計に腹立ちますよねえ。なかなか勇気の要ることです。


■ヨシのママさん
最近毎日この帽子かぶせてますw
まあ今回は逆切れタイプの人じゃなくて良かったです。
でも逆切れされてもおかしくないほど暴言吐いてたから....冷や汗もんでした。


■かぼちゃん
マジでびびったよお。謝りにこられたときもヘドモドしちゃった。
ん?似たようなことがあったの?記事楽しみに(?)してます。


■Noccoさん
わあ♪初めまして!いらっしゃいませ!
小学生とかになると、逆切れしてくる子もいそうですねえ....
でも悪いことは、よその子でもちゃんと教えてあげるべきですよね。
ぜひまた遊びに来て、コメントもしてくださいね♪


■ぴよこさん
ほんと、思い出しただけでも変な汗かいちゃうわ。
親が見てたんだったら、ちゃんとしつけをしろー!って感じですね。
私は、怒ったって言うか、陰でブツブツ言ってただけだからなあ。
まあ、結果的には『陰』ではなかったんだけど(笑)


■おとぅさん
でしょう?すごい冷や汗もんでした。
滑り台は、ほんとに楽しそうでしたよー。
大人も楽しめます。が、お尻が痛くなりますww


■ひろるさん
気まずすぎて、こっちの方が逃げ出したくなりました。
そう、お気に入りの帽子だから余計に腹が立ったんだと思います。
自分の子供にもちゃんと躾けてやらないと!って思いました。


■くるみんママ。
あはは、そうね、向こうの方がびびったかも。
ていうか不快だったかも(汗)かなり暴言吐いてたから....関西弁で。
自分の子はもちろん、よその子にも、悪いことは悪いと
ちゃんと教えてあげれるようにならないとねー。


■てっちん
どひゃー!ですよ、ほんと(汗)
なんか「こちらこそごめんなさい」って感じだった。
この公園は広いしきれいだし、ほんとに楽しいです。
あ、帰りは当然地蔵ですよww

マッハ | URL | 2006年09月12日(Tue)18:18 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。