MICKA BOUZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

息子との再会

3月30日午前6:00。
やっとバスが なんば高速バスターミナル に到着。
早朝の難波駅地下街を、大荷物をガラガラ引きずりながら
足早に近鉄難波駅方面へ急ぐ。


もうすぐ息子に会える―。
そればかりを考えながら電車に乗り込む。


オットの実家の最寄り駅に着くと、既に義父が車で迎えに来てくれていた。
車の中で義父は、私の留守中の息子の様子を嬉しそうに語ってくれた。

 
 ハルはとてもいい子やった、本当にいい子やった。
 あんなに小さいのに、じいじやばあばにちゃんと気を遣って、
 困らせるようなことは何ひとつなかった。
 ハルはちゃんとわかっている。
 わがまま言ってばあばを困らせたらあかんってことを。
 お父さんとお母さんがいなくて寂しいはずやのに、
 泣いたりすることもなく夜もよく寝ていた。
 ほんまに賢い子やで。
 いい子すぎて、かわいそうに、不憫になるぐらいやで。
 昨日あたりからちょっと風邪引いてるから心配やねんけどな―



今回、転勤先の地へ家探しに行くにあたって、
知らない街で不動産屋めぐりをするのに息子がいては大変だから
という理由で、オットの実家に息子を預けていた。
当初は3日間だけの予定だったのだが、諸事情で6日間になった。


息子とこんなに長い間離れていたのは初めてだったが、
1~2日間ぐらいなら今までにも何度かあった。
今までは自分の実家に預けていたが、オットの実家は今回が初めて。
でもオットの実家には泊りがけでしょっちゅう行っているし、
義父母にもよく懐いているのであまり心配は要らないと思っていた。


むしろ私は、息子がかわいそうという気持ちよりも、
義父母、特に義母に対する申し訳なさの方がずっと大きかった。
義父は自営業で今も現役で働いているので、
朝から晩まで、ほとんど義母ひとりに負担をかけることになるからだ。


また、息子に対する心配があまり大きくなかった理由は、
今まで自分の親に預けた時はいつも、
上記の義父が語ってくれたようなことを聞かされていたからだ。
親から息子のことをいい子だ賢い子だという話を聞きながら、
爺バカ婆バカだなーと思っていた。


私は息子のことを冗談半分本気半分で、外ヅラがいい奴だと思っていた。
外ヅラがいいというか、
私がいなくてもあまり何も感じないのだと思っていた。


そして今回も、6日間も離れていたにもかかわらず、
私を恋しがって泣いたり、甘えてわがままを言ったりもせず、
スーパーへ買い物に行った時にもちゃんと義母と手をつないで、
私と一緒の時みたいに走り回ったり見えない所に行ったりもせず、
家でもとても聞き分けがよく、
とにかく非常に感心された。
というか私も感心した。


同時に、寂しいような気持ちにもなった。
私がいなくても、私じゃなくても、息子は結構平気なんだな―と。


そしてオットの実家に到着。
玄関を開けると、早朝にもかかわらず義母と息子が
パジャマ姿で出迎えてくれた。


私がただいまと言うと、息子は私の顔を見て――何も言わなかった。
何も言わず、飛びついてくることもなく、
でも心の底から嬉しそうな顔をした。
玄関先で息子を抱き締めると、息子が小さく感じた。
ああそうだ....
息子はまだこんなに小さかったんだ....


部屋に入ってからは、息子は私の身体に密着したまま離れようとしない。
私は息子の顔をよく見たかったのだが、
抱っこちゃん人形のように私にしがみついているので見えない。
義母が用意してくれた朝ゴハンをいただく時も
洗面所に行く時も上着を脱ぐ時も、片時も離れない。
トイレの中にまで入ってきて、内側からドアを閉める。
そんな息子を見たのは初めてだった。


その日は1日中グズグズ言いっぱなしで、義母もびっくりしていた。
昨日までのハルはどこへ行ったんや~と言って笑った。


結局昼過ぎまでオットの実家で休ませてもらった。
その後、帰ってから食べるもんないんやろ、と買い物にも連れて行ってくれた。
何から何まで面倒かけっぱなしの嫁マッハ(汗)


今回の家探しは、義父母の協力のおかげでがんばることができた。
でも、私は自分ががんばったことばかりを前面に押し出してきたが、
息子が、もしかしたらいちばんがんばってくれたのかもしれない。
それなのに私は、息子は私がいなくても結構平気なんだ、
などと思っていた。
母親としての自覚が全然足りていなかった。


私がいなくて、どんなに寂しかっただろう。
我慢していい子にしてがんばってくれていたんだ。
ごめんな。
えらかったな。
これからは、どんなことがあっても、どんなに大変でも、
絶対に一緒に行こうな。


ずーっとまえに、moppingさんのブログでこんな言葉を見つけた。



 <親としての四訓>


 一、乳児はしっかり肌を離すな


 一、幼児は肌を離して手を離すな


 一、少年は手を離して目を離すな


 一、青年は目を離して心を離すな




 
私は今回ほど、この言葉を痛感したことはない。
今回の件で、親として少しだけ成長した気がする。





あ、昨日書いた息子の熱ですが、今朝は平熱に戻っていました。
昨日は目ヤニがすごくたくさん出ていてちょっと心配してたんですが、
熱と共に目ヤニもなくなりました。
熱の上がり始めに目ヤニが出ることがよくあるそうです。
ご心配くださったみなさま、ありがとうございました♪








スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

えらいです。ハルちゃん。
私は小さい頃は凄いぐずりっ子だったそうな・・・。
きっと6日間も祖父母に預けたら、祖父母が悲鳴あげたはず。
えらい!!
でもやっぱりマッハさんが恋しかったのですねぇ。
くっついてはなれないなんて・・・。

nana | URL | 2006年03月31日(Fri)20:46 [EDIT]


やっぱり淋しかったんだろうなぁー。
お母さんに逢えて、彼なりの表現だったんでしょうね。
かわいいなぁー。(微笑)

たんパパ | URL | 2006年03月31日(Fri)21:56 [EDIT]


お久しぶりです&お帰りなさい。
読みながらウルウルしてしまいました。
ハル君ものすごい頑張ったんですね。
しかもそれをじいじさん、ばあばさんの前では見せないだなんて…。
ハル君えらいね。
いっぱいいっぱい抱っこしてあげてください!
私も親としての四訓聞いたことがあります。
子供が出来てからは本当だな~ってしみじみと思いますね。

チィちゃんママ | URL | 2006年03月31日(Fri)22:42 [EDIT]


おかえりなさい゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
新居探し、お疲れ様でした(oゝ∀・)v

ハル君。。。オイラ泣いちゃったよぅ゚(Pд`q。)・゜
とっても感動してしまいました。
私自身、まだそらっちを長時間預けた事がないので
もし、これがそらっちだったら・・・?
と、思ったら・・・無理だな・・(*゚Д`;)
でも、ハル君は沢山の事を理解してママの帰りを待っていたんですね。
本当に優しい心の持ち主さんです。
残り少ない二人の生活。
超ラヴラヴで過ごして下さいね゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
ハル君にブッチューしたって下さい。
ブッチューって(*o′艸`)

ちぷこ | URL | 2006年04月01日(Sat)00:28 [EDIT]


ハル君偉い

小さい子でも頑張るときは頑張るんだよね。
その日はマッハさんもハル君がベタベタしても
ちっともうっとうしくなかったでしょう^^;

あ~今一時的に独身生活しているオイラは
オットさんの気持ちがよ~くわかります。

今回はお義父様お義母様の協力だけじゃないね。
一番協力してくれたのはハル君かな?

てっちん | URL | 2006年04月01日(Sat)00:53 [EDIT]


改めておかえり♪新居決まって一安心だね!
私、泣いてしまいました。
マッハを見て心底嬉しそうな顔するなんて・・・感動!
ハルくん、きっと楽しながらも、寂しかったのかな。
今日からまたママに超甘えてね、ハルくん♪
「親としての四訓」まじでメモりました。

くるみんママ。 | URL | 2006年04月01日(Sat)02:32 [EDIT]


ハルカくん、えらい!!
マッハさんのことを考えていい子でいても
やっぱり寂しくないわけないですよ。
2歳児なのですもの。
ママがいなくて平気なわけない。
そのけなげさにうるっときちゃいました。
いっぱいいっぱい、ママも寂しかったよって
伝えてあげてくださいね。

キララ | URL | 2006年04月01日(Sat)06:15 [EDIT]


涙で画面が見えません・・・クルルです。
まじ泣きしちゃいましたよ。
ハルカ。我慢しとったんやなー。
ぐっと堪えて寂しいのめっちゃ我慢しとったんやなー。
マッハに会った瞬間は、うれしいけど どうしたらええんかわからんかったんじゃない?!
不器用やけどそこがたまらんかわいいわっ!
ホンマおにいちゃんになってるわ!!
べったりくっついてトイレにまでついてくるハルカが愛おしいよ。
おばちゃん、まじで泣いてしもたわっ!!

クルル | URL | 2006年04月01日(Sat)09:17 [EDIT]


ハルちゃん、子供ながらにずっとわがまま言わずに我慢していたんだね・゚・(ノД`)・゚・ ママの顔を見たとたんに緊張の糸がほぐれた様子がよくわかりました。実は実家に子供二人預けてて、1週間ぶりに今日これから迎えに行くの。反応はいかに!?

あほせぶん | URL | 2006年04月01日(Sat)12:32 [EDIT]



 マッハさん
 お久しぶりで~す♪
 転居先が決まって良かったですね♪
 ホットしたでしょう~^^
 美容院にも行ってスッキリして
 ハルカ君との再会は
 なんだか
 涙がでちゃいました^^;
 張り詰めていた糸がきれたんだろうね!
 えらかったね~~~^^
 親としての四訓。
 私も胸に刻みます!
 お忙しそうなので
 コメントをまとめさせて頂きました。
 お引越し頑張ってくださいね☆^(o≧▽゚)o

poko | URL | 2006年04月01日(Sat)13:40 [EDIT]


「もうすぐ息子に会える―。
そればかりを考えながら電車に乗り込む」
こういう思いって、私はしたことないです。
彼氏やダンナとしばらく離れてたなんてときにも。
やっぱり、子供って特別な存在なんですねぇ。ちょっと羨ましいな。
ハルカ君、今頃はマッハさんに甘え放題かな?

ひろる | URL | 2006年04月01日(Sat)14:59 [EDIT]


ハル君、泣かせるなぁ…
やっぱり母親って特別な存在なんだなぁ、
じいちゃんばあちゃんにいくらなついてても
がんばって「いい子」になっちゃうんだ。
今日は思いっきり甘えて、オカアを困らしていいよ!(よくない?)

mimi | URL | 2006年04月02日(Sun)00:34 [EDIT]


やはり子供の感受性には驚かされるね。
ハルカくんが何も言わず、ただ「心の底から嬉しそうな顔をした」
というところに、すべてが現れてると思った。
親としての四訓、初めて聞いて、心に染みました。
しっかり胸に刻んどきます!

ハルママ★ | URL | 2006年04月02日(Sun)01:01 [EDIT]


おかえり&おつかれ&新居決定お(*´Ο`*)め(*´д`*)♪

ハルカくん、けなげで泣いてもたよ(´;ω;`)ウゥゥ
小さいなりに葛藤あってんやろなぁ。
ほんまよぅがんばったね。・゚・(つД`)・゚・
やっぱりオカァには誰もかなわんのよなー。
いっぱい甘えさせたってなー(´▽`)

ミワ | URL | 2006年04月02日(Sun)15:42 [EDIT]


ハルくん・・・かわいい。子供って親の知らないうちに大人になってて・・・でもやっぱり親が恋しいのですね。
おじいちゃん、おばあちゃんを困らせる事はしなくても、本当に心底寂しかったんだ・・・。私も娘が寂しい思いしないように気を付けます。しかし明後日から職場復帰、一緒に居られる時間が激減します。私が寂しい・・・。

まみ | URL | 2006年04月02日(Sun)20:56 [EDIT]


■nanaさん
今回は義父母にかなり負担をかけてしまいました。
いくらいい子にしていても、やっぱり大変です、やんちゃ盛りだし。
義父母も体調崩してしまってほんと、恐縮してます....

■たんパパさん
うん、寂しかったみたいです。
そんなこともわからなかった私、ほんとノーテンキな母親です(汗)

■チィちゃんママさん
おひさしぶりです!
今回の件では私もちょっとウルウルしてしまいました。
こんなに小さくても、いろんなことわかってるんですね。

■ちぷこさん
ブッチューってしましたよー(笑)
子供と離れて私もつらかったけど、息子はもっとつらかったと思います。
いつのまにかいろんなことがわかるようになってきてるんですね。

■てっちん
はい、うっとうしくなかったです!いじらしくてウルウルしてしまいました。
てっちんは今、プチ独身生活なんですね。
離れてみると、普段当たり前だと思ってることがすごくありがたく思えますよね。

■くるみんママ
改めてただいま♪新居決まっていよいよ実感湧いてきたよ。
くるみんママったら相変わらず涙もろいんだからー♪と思ったら、
結構みなさんウルウルさせてしまったようで....
「親としての四訓」、なるほどなーって思うよね。

■キララさん
そうですね、寂しくないわけないんですよね。
私、自分のことばっか言ってて恥ずかしいです。
こんなに自分が誰かに必要とされてるって実感したのは初めてかも。

■クルル
おわークルル泣かせてごめんよー。
子供って、教えなくてもいろんなことわかるようになってるみたい。
びっくりしたよ。こんなに素直に気持ちを表現されたら、KOされてまうで。

■あほせぶん
ああ、そう、それ!緊張の糸がぷちっと切れたような感じでした。
小さいうちは、こんなに長く離れてたらあかんなーって思いました。
あほせぶんとこの子は、再会時の反応どんなでした?

■pokoさん
おひさしぶりです!コメントありがとうございます。
おお、pokoさんもウルってさせちゃいましたか....
「親としての四訓」、私も常に心に留めておきたいと思ってます!

■ひろるさん
確かに子供って、特別な存在かもしれません。
私もこんな気持ち、初めてです。
こんなに誰かに必要とされてると実感したことも初めてです。

■mimiさん
母親って特別な存在なんだって、漠然とはわかってたけど、
今回の件で実感しましたね。
この再会の日以来、息子は私にベッタリです。
もうそろそろいいねんけど(笑)

■ハルママ★
そうね、わかってないようでいろんなことわかってるのね。
わかってないのは私のほうだったわ。
「親としての四訓」、私も心にしっかり留めておきます。

■ミワちん
けなげでいじらしくてウルウルやわ、ほんま。
仕方なかったとは言え、かわいそうなことしてしまったわ。
やっぱ子供にとって、特に小さいうちは母親は最強やねんな。

■まみさん
おひさしぶりです!コメントうれしいです。
職場復帰されるんですね。
確かに今までよりも一緒の時間は減ってしまうけど、大丈夫ですよ、きっと。
離れてる時間は、せいぜい1~2日が限度ですね....

マッハ | URL | 2006年04月03日(Mon)00:37 [EDIT]


出遅れましたが、なんとか到着しました!!!

親としての四訓の記事、覚えててくれてありがとう!
すごくうれしいです(*´▽`*)

ハルカくん、ママがいないときはみんなに心配かけちゃいけないと思って
一生懸命にいい子にしてたんですね。。。
子供心にも周囲をそして親を気遣う意識が芽生えてるんですよ(泣)
もう今日あたりはだいぶ体調も機嫌もよくなってきたかな?

ラッコ抱っこで肌を離さず愛情を注いだってね。
うちもねんねのときはおんなじ格好です(笑)

mopping | URL | 2006年04月03日(Mon)16:39 [EDIT]


■moppingちゃん
『親としての四訓』、初めて見たときすごくインパクトがありました。
ブログをやってると、いろんなことを見聞きすることができますね。
その中でもコレはすごく印象に残ってます。
ラッコ抱っこでねんねの人が結構たくさんいて驚きましたw

マッハ | URL | 2006年04月04日(Tue)14:53 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。