MICKA BOUZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

寸止めマッハ

車の運転・駐車にはそこそこ自信のあるマッハですが、
慣れない場所での駐車はやや苦手です。


特に、ウチの車はボデーが長く、
一応後ろにミラーは付いていますが、夜とか雨の日とか、
晴れた昼間でも光の加減で見えにくい場合もあります。


また、車止めがない駐車場ではかなりビビリながらバックするので、
駐車してから後ろを見てみるとかなり空いていることもよくあります。


先日、近所の公園へ行ったときのこと。
ちなみにその公園の駐車場には、車止めがありません。


その日はとても晴れていたのですが、
駐車の際、バックミラー越しに後ろのミラーを見ながら下がっていたら、
ちょっとまぶしくて見えにくくて、
でも何度も停めたことのある駐車場なので、大体の勘で停めました。


で、停めてから後ろに回って見て、びっくり。


寸止めノア


天才的というか芸術的というか寸止めというか....


いやいや、このときは幸いぶつけずに済みましたが、
やっぱり車の運転において、勘に頼るのは危険だなーと(汗)


ぶつけたら車も凹むけど、
ぶつけた自分自身もものっすごい凹みますからね....



自分の腕に酩酊してはいけない
                  by東教授(『白い巨塔』より)

スポンサーサイト

PageTop

湯水の如くと言うけれど

息子は水遊びが好きなので、当然お風呂も大好き。
しかしたまにはお風呂嫌いになる日もあるようで、
つい先日も、物凄い勢いで湯船に入るのを嫌がった。
こんな顔で。


猛抗議



ちなみにマッハ家では、湯船にお湯を張ることは滅多になく、
冬場でもシャワーで済ませることが多いのだが、
たまにお湯を張ると息子は大抵大喜びでチャプチャプ遊ぶ。


だが、その日の嫌がりようは半端じゃなく、
まるで水を怖がっているようにすら見えた。
そんなに嫌がってるんだから、
別に無理して湯船に浸からなくてもいいような気もしたのだが、
せっかく久しぶりにきれいなお湯を張ったのだから、
是非とも入ってもらいたかった私は、
台所から空のペットボトル(500mlサイズ)を持ってきて、
口を上にした状態でお湯の中に沈めて見せた。


 ブクブクブクブクブクブクブクブク・・・・・


で、今度はお湯が満タンになったペットボトルを、逆さまにして見せた。


 ジャバジャバジャバジャバジャバジャバ・・・・・


これを見た息子、案の定大喜びで湯船に入ってきた。
そして自分で、私がやったのと同じように遊び始めた。
「ぶくぶくぶく・・いぱーい!じゃばじゃばじゃば・・きゃはははー」
大 成 功 ☆


以来、我が家では ペットボトル遊び in お風呂 が大流行。
もちろん今日もやりました。


でも今日は湯船にお湯を張っていなかったので、
シャワーから出るお湯をペットボトルに入れていた。
しかしなかなか溜まらない。
でもだからといって無駄にお湯を流し続けるわけにもいかない。
何しろ我が県(市?)は水道代が高いのだ。


というわけなので、私は用事が済んだらこまめにシャワーを止める。
すると息子が猛抗議をしてくる。
こんな顔で。


猛抗議



そんな息子に伝えたい言葉。


 『いつまでも あると思うな 親と 水』



PageTop

意外と似合う

息子の肌着には、ロンパスという、
おまたのところでスナップボタンを留める形のを使用している。
このタイプの肌着は、どんなに激しく暴れてもお腹が出ないので
我が家では重宝している。


しかしこういう形の肌着は赤ちゃん向けなのか、
サイズが95までしかないのがほとんどのようだ。
息子は身体が大きいので、最大サイズの95が欲しいのだが、
今まで95のサイズを見たことがなかった。
だからちょっと窮屈そうだけど、90のものを着せている。


が、今日、初めて95のヤツを見つけた。
しかもひとつしかなかった。
だから、迷わず購入した。
....柄はキティちゃんだったけど。


お風呂上りに早速着せてみた。

kitty


意外と似合ってるような気がする。
しかしやっぱりちょっと女の子っぽい。
気のせいかもしれないが、息子もこれを着て
ちょっと女の子みたいになったようだ。


ほら。


ちょっと奥さん

「あらやだちょっともー奥さんてば」


女の子っていうか....その手....おばちゃん?



PageTop

涙が出るほど

今日の記事はちょっと手抜きです。
が、きっと笑っていただけると思います。


私のお気に入りサイトの紹介です。


 十日市秀悦 DE はづのへ放送局@東京版


笑えるネタが満載で大変お気に入りなんですが、
この中の 中村屋! っていうヤツ、やばいです....
※ご覧になる場合は、音量を大きめにしたら笑える度は更に倍!


初めて見た時、夜中だったんですが、笑い過ぎて涙が出ました....


もし「どこがおもろいねん」「さっぱり笑えねえよ」と思われた方も、
マッハはこういうのが好きなんだな、とご理解くだされば幸いです。


PageTop

強烈な印象

先日、行きつけのスーパーで、遠い親戚に会った。
オットの、妹の、ご主人の、お母さん。
つまり義妹のお姑さん。


この方には過去に一度だけお会いしたことがあった。
約1年前、ハヤブサくんがうまれた時に、病院で。
その際、お話したのは10分間ぐらいだったかな?


だから、すぐにはわからなかった。
ただ、お互いに、


 「なんとなく見たことあるような....えーとえーと....」


みたいな感じで、
目が合ったまま視線が逸らせない状態が5秒ぐらい続いた。
たった5秒間だけど、その5秒間はとてつもなく長かった。


幸い、思い出せなくてあきらめて視線を逸らそうとした直前に、
はっっ!と思い出すことができたので、
ご挨拶とちょっとだけお話させていただいたのだが、
ぎこちなく微笑みながらカミカミでしゃべる私の様子は、
ハタから見たら筋金入りの不審者だったに違いない。


だってさー、想像してみてくださいよ、
自分の姑さんでさえ、
突然会ったらドギマギ&オタオタ&ヘドモドでしょ(そんなことない?)、
それが義妹の姑さんなのよー!


 「○○さん(←義妹)のお兄さんのお嫁さん、変わったお方....
 ○○さん(←義妹)がこんな妙な人じゃなくてよかった~」


とか思われてたりして!
あうあうあぅぁぅ....


それにしても結婚って、親戚の幅が広がりますねー。
それってすごく嬉しいことですね。
何より、ほんの少ししかお会いしたことのない私と息子のことを
覚えていてくださったということが嬉しかった。




....私って、相当インパクト強いってこと?(汗)



PageTop

息子は毎朝牛乳を飲む。
牛乳、というか、低脂肪乳だが。
しかもお湯割り。


息子の栄養状態は非常に非常に良好なので、
これぐらいでちょうどいいのだ(多分)。


今朝もいつものように与えた。
その後、すごい勢いでパンを要求してきた。
どれくらいすごい勢いかというと、
フランス革命時代のパリ並み。「パンを我が手に!」
その勢いに気圧されて、超熟ロールを1個与えると、
大事そうに抱えて自分のイスによじ登ってペロリと平らげた。


そしてまた「ぱん!ぱん!」と抗議が始まったのでもう1個与えた。
チーズも。
みかんも。
この辺りでようやくおとなしくなる。
まぁよくある朝の風景だ。


しかし今朝は少しだけ違った。
両手を合わせて「ごちそうさま」の意味の「ま!」を言った後、
イスから降りて、空になったコップ(メラミン樹脂製)を持って
冷蔵庫の前でギャーギャー騒いでいる。
牛乳お代わりの要求だ。
だがその時、私は台所で洗い物をしていて、すぐに手が放せなかった。


 「ちょっと待ちや、すぐ入れたるから」


でも息子の抗議の勢いはおさまる気配がない。
手に持ったコップで冷蔵庫をガンガン殴り始めた。

 
 ガン!ガン!バン!


とうとう泣き始めた。
泣きながら冷蔵庫を殴り続ける。


やっと手が空いたので、急いで冷蔵庫から牛乳を取り出し
ポットのお湯で割って渡した。
で、ふと冷蔵庫を見てみたら――!


凹


へ、へこんでるー!


↓拡大写真

拡大


ひどい....
まだ買ってから2年ちょっとしか経ってないのにぃ(涙)


メラミン樹脂製の食器は安いし割れにくいし、
我が家では息子用に愛用しているのだが、ちょっと硬すぎるようだ。


まあでも、コップが割れて息子が怪我することを思えば、
怪我したのが冷蔵庫でよかったよかった....
....と自分に言い聞かせることにします。



ところで以前、
息子のヒアリング&発音に関する記事を書いたのだが、
あれ以来、夜寝る前などに同じ問題(?)を出し続けている。
なぜ同じ問題なのかというと、クリアできないからだ。


が、ついに昨夜、クリアした!
今まで4問中1問しかできなかったのに、もう1問できたのだ。


 1 オメメ → おめめ!
 2 オハナ → はなな!
 3 オクチ → ち!
 4 オミミ → おみみ!


息子よ!
全問正解まであと2問だ!




PageTop

初めての!

今日、なんと、ブログで知り合ったハルママ★さんが
マッハ宅に遊びに来てくれました!
ネットで知り合った方と実際にお会いするのは初めてです。


彼女は、ご主人のお仕事の都合で台湾にお住まいですが、
今は日本に一時帰国されていて、ご実家におられます。
そのご実家が私の家の近くなので、会いに来てくれたのです。


当然のことながら彼女のことは、
彼女のブログやこのブログにくださるコメントの文章でしか
知らなかったのですが、実際にお会いしてみて、
その人の書く文章で人柄とか印象ってすごく伝わるんだなーと
つくづく実感しました。
彼女は、私の感じていた印象通りの人柄(+すごく落ち着いた方)で、
お会いできて本当に嬉しかったし、楽しかったです。


ちなみに彼女は私のこと(見た目)を
「女らしくてびっくりした」って言ってました(嬉)
でも中身はイメージ通りだったらしいです(笑)



抱擁


息子の手荒い歓迎にひるむハルちゃん



号泣


息子の手荒い歓迎に号泣するハルちゃん



ママがすき★


ママの抱っこで大喜びのハルちゃん





ハルママ★さん、台湾に戻られたらまたブログ楽しみにしてます!
今日は本当にありがとう!


PageTop

かぶりつき

これなに?
これなにー?


私「ししゃもよ。食べてみー」



ぱくっ

ぱくー!


私「どう?うまいか?」



ちっちゃくなった・・

......ちっちゃくなった。



というわけで(どういうわけだ?)、
本日の晩ゴハンはチーズたっぷりドリアとししゃも。
食い合わせ的にどうなのよ?
デザートにいよかん。
いよかん食べていい予感♪


などと寒いオサーンギャグを言ってる場合ではない。
ただでさえ最近このブログの質が落ちてきているというのに。


昨日の夜から「マ・マー!」スパゲティ?
はっきりとした口調で言うようになった息子。
今日はもう朝起きた瞬間から
 「ママ!ママ!ママ!マママ!ママママ!マママ・・」
....昼を過ぎる頃にはうざくなっていた(汗)


こないだまではおもかわいい(おもしろくてかわいい)だったけど、
今日からはうざかわいいに格上げ(格下げ?)だな。


PageTop

泣きながら

今までは息子が愚図る時は、
ただひたすら泣き声を発するだけだったのだが、
今日、眠くて愚図った時、初めて泣きながら
 「ママー!ママー!!ママーっ!!!」
と言った。
そしてその後、1分も経たないうちに、寝た。


ただそれだけのことなのだが、
私にとってはとても嬉しくて感動的だった。
泣きながら、私を呼んでくれたことが。


....ま、慣れてきたら「うるさいなぁ」とか思うんだろうけど(笑)





この週末、オットが単身赴任先から帰ってきていたので、
星子ちゃん宅におよばれしました。

お似合いですね
なんだかおすましな2人です。



PageTop

決着

先日の件でオットが市役所に苦情を申し入れてくれて、
けっこうキレてくれたようです。


えっ?
あの温厚そうなオットが?
キレたって、いったいどんな風に....?


苦情を申し入れた日、オットからメールが来た。


 市役所はかなり恐縮してたけど、本人に悔い改めさせんとな


ってことは本人とはしゃべってないのね?
でもいったいどんな口調で苦情言ったのか、気になりません?
で、尋ねてみると....
 

 ゴルァ!ってゆうてちゃぶ台投げた


へっ?
(ノ ゚Д゚)ノ彡┻┻ ウリャー ←こんな感じ?
いやいやいや。
ちゃんと答えなさいよ。

 
そこで、メールじゃラチが開かないと思ったので電話してみたら、
なんだか酔っ払っている....
その日は取引先との飲み会があっそうで、
いまいちロレツが回ってないオット。


とりあえず酒が入りながらもプンスカ怒っているオットに、
どのような口調で話したのか尋ねてみた。
そしたらオットから返ってきた答え。


 「インテリやくざ!」


はっ?
インテリやくざって何やねん(笑)
よくよく聞き直してみると、『紳士的に』だそうです。
私、耳鼻科行った方がいい?


 お前らの不用意で無責任で軽率な言動に、
 オレの大切な家族が大変傷つけられた!
 どないしてくれるねん!


といった感じのことを、インテリやくざ紳士的に話したそうな。
そしてオットは、私と息子に謝罪に行くよう要求したらしい。


で、本日昼過ぎに市役所の人から訪問日時設定の電話があり、
さっき謝罪に来ました。


てかさ、電話かけてきたのは××課の課長(男)で、
謝罪にはその課長と『担当の者』の2人で来るって言われて、
本人(実際に私と面談した人)は来ないのかと聞いたら
なんだか業務が入ってるから行けないかもとか抜かしやがって、
あのさー、それじゃあ謝罪の意味がないんじゃないの?
見知らぬオッサン(×2)に頭下げられても、
実際に私たちを傷つけた本人に謝ってもらわないと、
ま っ た く 無 意 味 だ !


というわけでその旨(本人に来てもらわないと意味ない)を伝え、
訪問を待った。


あんまり話が長引くのも鬱陶しいし、
言い訳やら弁解やら説明やら、そんなのは不要。
お互いに誤解もあるだろうが、それを解くのが目的ではない。


ただ、現実として私という人間を傷つけたことへの謝罪、
そして今後は、相手を思い遣るということと、言葉の重みについて
よく考えた上で対応してもらいたいだけだ。


そして、電話から20分後ぐらいに、来ました。
本人と課長さんが。


手短に済ませたいので、玄関先で話をすることに。
神妙な面持ちで謝罪の言葉を述べ、言い訳や弁解はされなかったので、
私もキレることなく話を聞いていた。
まぁ今後は、人にこのようなイヤな思いをさせないよう精進したまえ、
というようなことをもう少し丁寧な言葉で言っておいた。



そんなわけで、とりあえず私の怒りは鎮まりました。
これもひとえに皆さまのあたたかい言葉と、オットのおかげです。
ほんとにほんとにありがとうございました!
み ん な だ い す き だ ー 


これから先も、私の大切な者たちを侮辱したり傷つけることは
何人たりとも絶対に許さへんでっっ!!



PageTop

オマケに弱い

我が家では滅多にジュースを買わない。
たまに買うとしても、果汁100%のものを選ぶ。
1000mlの紙パックの。
で、基本的にケチ倹約家なので、息子に与える時には水で割る(笑)


が、今日は珍しくQooというジュースを買った。
この商品は果汁が20%以下で、
果糖ぶとう糖液糖をたっぷり含んだジュースである。


なぜ今日に限ってQooなのか。
それは、Qooに付いていたオマケにときめいてしまったから!


↓これよ、これ!


ケーキ!

「くぅ~っ!」
かわいいざましょ?



ついでにこんな↓オトナモードのショットも撮ってみた。


〔画像消去してしまいました(涙)〕


「ぷはぁ~・・ひっく」


これ、キーホルダーなんですが、あと5種類ほどあるようです。
私のことだから、そのうち全種類集めてしまいそうだわ....
でも1.5リットルボトルにしか付いてないんですよ。
そんなにジュースいらないんだけどなあ。





ところで!
『白夜行』に出演中の山田孝之に隠し子発覚!
というニュースご存知ですか!
あ~びっくりした!


では!



PageTop

グチ!(長いよ~)

子供ができてからというもの、
涙腺が緩くなってしまった私だが、それは感動の涙である。
怒りや悲しみで涙を流すということは滅多にない。
「泣いてる場合じゃない!私はこの子を守らないといけないのだから」
みたいな感覚が無意識のうちに働いているのだろうか。


しかし先日、久しぶりに泣いた。
悔し泣き。
悔しいというか、悲しいというか....


昨年の10月から、市の育児教室に通っているのだが、
その教室は対象年齢が1歳半から2歳ぐらいまでということで、
先月2歳の誕生日を迎えた息子は、そろそろ対象からはずれる。
それで、4月から別の教室に移る必要があるため、
個別面談が行なわれた。


個別面談といえば、あの時にちょっと嫌な思いをしたので、
あんまり気が進まなかった。
しかも面談してくれる保育士さんは、また同じ人。
ベテラン風の優しげな女の人だ。


まぁでも今回は教室変更の話をするだけだし、
そんなに気にする必要もないかな――なんて軽く考えていたのだが....


面談が行なわれる小さな部屋に入ると、
息子は即座に、そばにあるオモチャで遊ぼうとする。
 「今日はテストはしないから、好きに遊んでていいのよ」
と言われたので、そのまま遊ばせておくことに。


で、保育士は、また以前と同じように、
悩める母親(=私)からいろいろと悩みを聞き出そうという姿勢になった。


私は、前みたいにペラペラしゃべって
面談時間が長引くのが嫌だったし、
第一他人に相談するほど悩んでいることなどないので、
ほとんど自分からはしゃべらなかった。


でも相手はどうしても私のことを『悩める母親』にしたいようで、
 「どうですか、お母さん、ハルカくんの普段の様子は」
 「お父さんがいらっしゃらないと、負担も大きいでしょう」
 「よそのお子さんと遊んでいる時とか、何か感じられますか」
と、とにかく抽象的な表現ばかりで、私をイラつかせた。
そして、面倒になってきたので、
 「そうですねえ、言葉はやっぱり他の子よりゆっくりですね」
とあっさりと言ってみた。
すると、そこからはもう相手の独壇場。
 「え~と、お母さんご自身が『言葉が遅い』と思われるんですね?」
と、言質を取ったと言わんばかりの念押し。


とにかく、
言葉が遅い・マイペース・個性的・コミニュケーションが取れない
などなど、神経質すぎると思われるようなことばかり言われた。


要は、息子に『遅れている子』『できない子』というレッテルを貼り、
そのことを私に自覚させたくて仕方ない、って感じ。
何のために?


そして本題、来年度からの、息子にふさわしい教室の説明。
私、びっくりしました。
障害児や発達に問題のある子供のための福祉施設を勧められたのだ。


 「今のハルカくんの発達状況を見ると、ここが良いと思います」
 「3年保育の幼稚園を検討されてるなら、今のうちに・・」


私はその場では行くとも行かないとも返事をしなかった。
検討します、と言った。


帰りの車を運転しながら、晩ゴハンを作りながら、お風呂に入りながら、
さっき言われた話が頭から離れず、心臓がドキドキしていた。


風呂から上がり、自分のパジャマが洗濯中だったのでオットのを着て、
息子にオムツを履かせていると、
機嫌良さそうに意味不明の声を上げてヨダレを垂らしている息子。
そんな様子を見ていると、わけもなく不安になってきた。
涙が出そうになった。


すると息子が私が着ているパジャマを指差して、
 「おっとう!」
と言った。


わかってるやん!
この子、このパジャマ見てちゃんとわかってるやんか!
なんで障害児?
発達に問題なんてどこにもないやんか!


ボロボロ泣けてきた。
そしたら今度は息子、
自分のヨダレ用のタオルで私の涙を一生懸命拭いてくれた。


その夜、息子を寝かしつけた後、オットに電話した。
電話で話しながらまた泣けてきた。
パジャマの件では、オットも泣けてきたようだった。
そして、市役所に苦情入れるわ、と言ってくれ、翌日電話したらしい。





その後の経緯は、また改めて....





とにかく、本当に、めちゃくちゃ嫌な思いをさせられた。
教室、あと2回あるけど、もう行きたくないよ....





PageTop

ほしこちゃん

照れてるの


きょう ほしこちゃんが あそびにおいでって
さそってくれたから あそびにいったよ


さいきん ほしこちゃんは まえみたいに
すぐに おこったり ないたり あんまりしなくなった


おもちゃ いろいろ かしてくれるし
おかしも いつも オレのぶんも くれる


だから まえよりも もっと すきになってきた うふふ


きょうは チョコレート くれた


ばれんたいん


ありがとう ほしこちゃん




前記事の、イチゴわしづかみに関して、
ひろるさんから、その瞬間の画像のリクエストをいただきましたので、
ここに公開いたします。

ぐゎしっ!


もうちょっと豪快なわしづかみを期待されてましたか?(笑)


PageTop

復活マッハ

ばぁっ


お久しぶりです、マッハです☆
いや~ちゃんと記事を書くのは約10日ぶりでしょうか。
書きたいことがたくさんあります。
忘れないうちにちょっとずつ書いていきますね。


まずは読書に没頭の件ですが、
とりあえず3冊しか読めませんでした....(参考記事)


『白夜行』『容疑者Xの献身』『博士の愛した数式』
まだ読みたいのあるんですが、まぁ徐々に、ということで。
リリー・フランキーの『東京タワー』は、
オットが広島に持って行ってしまってるのですが、
今週末には帰ってくる予定です。
ちなみにHG本は、買ったその日の夜に1時間ぐらいで読了。


『白夜行』は多分もう5~6回目なんですが、
やはり何度読んでも面白いです。
よっぽど好きなんでしょうねえ、くら~い話が。
『容疑者X・・』も面白かったんですが、私的には『白夜行』の方がいい。
『博士の愛した数式』、これも話自体はいいと思いますが、
全体の流れは私好みではないかなあ。


『白夜行』『容疑者X・・』は、
読んでいるうちに文章に引きずり込まれる・翻弄されるって感じ。
これに対して『博士の・・』は、
表現をぼやかして読者の想像に委ねるというか....
読後のスッキリ感があまりなかった。
でも優しさあふれるストーリーです。あったか~い。
あくまで、私の印象ですよ。好みの問題です。


読書の話は、まぁこれぐらいで。
週末の話を少々。


12日は義父の誕生日だった。
オットは広島から帰って来れなかったのですが、
義妹家族に便乗して泊りがけで行ってきた。


じぃじおめでと☆

義父とウサギちゃんと息子。
ろうそくの火を消した直後、息子がイチゴをわしづかみに(汗)


ケーキに『おじいちゃんおたんじょうびおめでとう』という
プレートをつけてもらって、お祝いした。
義父は、ケーキにろうそくを立てて祝ってもらうのは初めてだ、と
とても感激してくれた。


ウサギちゃんの弟のハヤブサくんは、1月末に1歳になったばかり。
で、先日、ついに歩き始めた。

haya&hal

ハヤブサくん、男前になりそうやなあ....
息子は、パパイヤ鈴木みたいになりそうだなあ....



PageTop

風邪&読書

少しだけ、復活。


ブログを休んでいる理由は、
体調不良と読書に没頭するためです。


お陰さまで体調は戻りました。
軽く風邪引いたようです。


読書の方は....
まだもう少し読みたいので、
ブログ本格復帰はやっぱり来週かなあ。


散乱





PageTop

親愛なる読者のみなさんへ

みなさんこんにちは。


実は事情により、ちょっとの間だけブログの更新をお休みします。


1週間ぐらいしたら禁断症状が出てくるような気がしますが(笑)


というわけで、それまでマッハのこと忘れないでね


PageTop

男だらけ

今日は節分なので、お昼ゴハンに太巻きを食べた。
息子にも食べやすいように、サラダ巻きにした。

むぐぐ・・

かぶりついて「むぐぐ・・」となっております。


で、豆まきは?
......やってません。やりません。豆ありません。
後片付けめんどくさいし、息子はまだ豆食べないし。
それに彼、昼間遊び過ぎて疲れたらしく、
夕方から寝ちゃってますから....


今日は育児教室で知り合った友達が遊びに来てくれてました。
息子よりも約1ヶ月後にうまれた男の子。
彼には1歳半ずつ離れた兄と弟がいて(つまり3人兄弟)、
みんな一緒に遊びに来てくれました。


そのお母さん、日夜3人の男の子相手にしているにもかかわらず、
すごく落ち着いた感じの、ゆったりとした方です。
すごいなあ、私なんか息子ひとり相手にキィキィしてるのに。
で、いろんな話をするうちに、年齢の話題になった。
以下、赤文字=私の台詞。


 「ところでいくつなん?」
 「え~、きっとびっくりすると思うよ~」
 「そうなん?私と同じくらいかなあ。でも若く見えるよ~」
 「そーぉ?」
 「うんうん!私今年33になるねん」
 「あー、うん、それぐらいかなーって思ってたー」
 「で、いくつよ~?」
 「当ててみて?」
 「え~?私より上ではないよねえ?」
 「うん。いつもびっくりされる」
 「ってことはめっちゃ若いん、もしかして?」
 「どうかなあ(笑)」
 「ちょっとまって、もしかして、え、30いってない?」
 「うん(笑)」
 「えーーーー!(驚)」←失礼だろ
 「あはははははー」


なんと26になったばかり、とのことでした。
ひょえー。
その落ち着きはいったいどこから??


しかも彼女、まだ子供うみたいらしい。
女の子、欲しいんだって。
まあその気持ちはわからなくもないけど....
でも周りからは「もうやめとけ」と反対されてるらしい。


いや~それにしてもすごいなあ。
彼女みたいな人こそが、
真の肝っ玉母さん(←私の理想)になるんだろうなあ。





息子まだ起きません。
このまま朝まで寝ちゃうのか?



PageTop

あと半分

今日は久しぶりに晴れた。
このまま当分暖かい日が続くのかと思ったら、
週末はまた冷え込むみたいですね。


あーぁ。
オットが帰ってくる週末はいっつも極寒とか雪とか雨とか、
そんなのばっかり....


オットが単身赴任になってから丸3ヶ月が過ぎた。
最低でも半年ってコトだったから、
少なくともあと3ヶ月はこのまま離れ離れの生活が続く。


3ヶ月後はどうしてるんだろうなあ....



PageTop

ミーハーマッハ

実は昨日から実家でダラダラ生活を満喫している私。
今日は雨の中、母をドライブに連れ出した。
本屋へ。


最近めっきり本離れしていた私だが、
読みたい本がないというわけではない。


しかし本って買うとなると結構高いし、
図書館へ行ってもゆっくり閲覧できない(息子連れだから)。


というわけで久しぶりに本屋で読みたい本をゆっくり見てきた。
で、買ってもらっちゃった♪


まず1冊め。

容疑者Xの献身 東野圭吾

容疑者Xの献身


これね、今図書館で予約中なんですが、
待ちがすごくていつ借りれるかわからないんですよね。
で、買ってもらったというわけです。
東野圭吾に首ったけな私としては、読まずには死ねない1冊。



そして2冊め。

東京タワー リリー・フランキー

東京タワー


この本は、母からオットへのプレゼント。
実は私、オットから図書館でこの本の予約を頼まれていたのだが、
めんどくさくて行ってなかったのだ。
ごめんよオット。
ちなみに読み終わったら母が貸して欲しいと言っております。



そして3冊め。
いったい何冊買ってもらってんねん(笑)
いやいや、これで終わりです。
というか、この本は私、自分で買いました。


本屋で見つけた瞬間、私のハートを射抜いた本。
母に「そんな本、買えへんで!」と言われてしまったので、
仕方なく自分で買った本。
1200円もしたけど、買わずにはいられなかった本。


カンの良い人は、何の本かおわかりかもしれませんねえ。
その本とは....

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。