MICKA BOUZ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

光と鬼





本日、ついに我が家にも光がやってきました。
そしてワイヤレスになりました。
今まではPC周りがいろんな線やらモデムやらでごちゃごちゃしてて、
お陰ですぐに埃だらけになってしまってましたが、
今日からは無線でネットに接続することになりましたので、
PC周り、かなりすっきりしました。


ところで今日は節分でしたね。
昨年の節分は、
オットが単身赴任中で不在だったため豆まきはしませんでしたが、
今年は鬼のお面かぶって鬼は外ー!福は内ー!なんつって豆投げて、
北北西向いて恵方巻き丸かぶりして、
ついでにイワシの丸焼きも食べまして、
ベタな節分を楽しみました。
家族がいると、こういう行事も楽しいですねえ。
まあ子供が小さいうちだけでしょうけどねえ。


で、その豆まきの時のことなんですが、
オットが鬼のお面をかぶって私と息子が鬼に豆を投げつけて退治するという、
3人家族にありがちな、なんのひねりもないベタベタな鬼退治をしたんですが、
思いがけないハプニングが発生。


なんと息子が鬼を怖がって大号泣。
そんな、鬼なんか怖がるようなキャラじゃないじゃないですか、ウチの息子。
ところがどっこいですよ。
見てくださいよ、この顔。



こわいー!



いやー!



ああああああああ!




ちなみにこの写真は私が鬼のお面のをかぶって撮影したんですが、
腰も抜かさんばかりに逃げ惑ってオットにしがみついておりましたが、
私がお面を取った途端、「オカアアア!」と私に抱きついてきました。
かわいいなあ。


ていうか、鬼、そんなに怖かった?





かわいいやん。
なあ?

スポンサーサイト

PageTop

素敵な贈り物


もさえび づくし。
前記事にもちらっと書きましたが、先日の旅行で買った もさえび
これがね、ちょっとどうしましょう!ってぐらいにウマー!!でした!
素揚げと刺身と殻でダシ取った味噌汁にしてみました。
ヤバウマですよ、ほんとに。
いやマジで。
素揚げは頭も尻尾もバリバリペロリでしょ、
刺身は甘えびよりも甘くて味が濃厚でトゥルトゥルペロリでしょ、
味噌汁は殻も吸い尽くすぜジュルジュルジューでしょ。
とにかく、えびにはそれほど興味のないオットも大絶賛でした。
ちなみに右上にあるのはオモチャの目玉焼きでございます。





今日の昼下がり、我が家にでっかいプレゼントが届きました。
息子への誕生日プレゼントです。





なんだなんだ?
いったいなんなんだ?
ていうか、注文したのは私なんですけども(笑)
ちなみに もさえび ではありません。


実は、義母から誕生日プレゼントのリクエスト募集メールをいただきまして、
何がいいか迷いに迷って、
孫いっぱいいるしあんまり高価なものを指定するのも気が引けて。
でもちゃっかり指定させていただきましたが(笑)


で、私の親からも誕生日プレゼントとして現金を預かっていたので、
半分ずつということに勝手にさせていただいて。
というわけで、じじじじばばばばからのプレゼントです。


で、いったい何なのか、と申しますと。
少し前に この記事 に moppingさん がTBしてくださった記事を見て、
「これだ!これしかない!今の息子なら、絶対に喜ぶに違いない!」
と即決しました。
それで moppingさん にメールでその品の詳細を教えていただき、
昨日ネットで注文したところ、今日届いた。
早っ!


ではご覧ください、じじじじばばばばからのプレゼントです。




じゃーん!
白木のドラムセットー!


息子は箱を開ける前から「ぷれれんと!ぷれれんと!」と大興奮。
そして開けて中身を取り出すと、目がキラーン☆
そりゃもうよだれ垂らしながら狂喜乱舞の酒池肉林。(違)


とにかく、クインテットのCD聴きながら、DVD見ながら、
リズムに合わせてドラムやシンバルを叩き、
ついでに こないだ買ったシロホン も叩き。
めちゃんこ楽しそうです。


じじじじばばばばさん、ほんとにありがとうございました。
大事にします!
そして moppingちゃん、息子がいつかバンドを組むと言い出した時には
ちびてつくんにも一言声を掛けさせていただきます(笑)


PageTop

誕生日記念旅行レポート


境港の 水木しげるロードにて。



はいどうも。
というわけで息子の3歳誕生日記念旅行から昨日無事帰ってきまして。
まあ息子のためにっていうよりは、
自分たち(オットと私)が喜ぶ内容になってましたけども。


で、旅行中に携帯から何度か記事UPしましたので、
今日はそれ以外の内容を画像を織り交ぜつつ
ダラダラと書いてまいりたいと思います。


初日は鳥取県の境港に行きまして、
『境港さかなセンター』の下見、自衛隊の米子駐屯地を経由して
水木しげるロードをぶらぶら散策。
この水木しげるロード、町興しに見事に失敗という感が拭えません。


その後、米子市内のショッピングセンターでケーキ購入、
皆生温泉街の旅館に宿泊。
温泉は加水・加温しておりましたが、とてもいいお湯でした。


で、息子の浴衣姿がもう、似合う似合う。
やはり和風な顔には和装がしっくりくるんですね。
その息子、仲居さんが出入りするたびに、
 「いってらっしゃーい!」
 「あ、おかえりー!」
って毎回欠かさず言ってまして、もう最後の方は、
 「そのうち『もうええわ』って言われるんじゃないか」
と心配してましたが杞憂に終わりました。


で、お料理はカニカニづくしだったわけで。
実は私は大してカニ好きではないんですけども、
やはり新鮮なカニは甘みがあっておいしかったです。


よくグルメ番組なんかで、「甘~い!」なんて言ってて、
「どいつもこいつもそればっかりやんけ。他に言い様はないんかい」
なんて思ってましたが、ほんとに甘いんですねえ。


翌朝。
『境港さかなセンター』でお土産(自分らの)を物色。





この中の1杯を購入。
プラス サザエ6個と もさえび も購入。


カニは翌日家に帰ってから箱開けてみたらまだ生きてて、
それを昨晩、生と茹で&味噌を調味して食したわけですが。
もう、大騒動でした....
あ、大騒動するほど美味だったっていうのももちろんなんですけど、
ていうか食べる時は大騒動というよりもむしろ寡黙になりますけどね、
ほじくるのに忙しくて。
....まあ詳しくは後ほど。


さかなセンターの後は松江城見学。





見事な石垣でした。


クライマー息子。


茶屋で一服。
この ぶぶだんご おいしかったわ~。



この後、宍道湖(しんじこ)を眺めつつ島根県に入り、
玉造温泉街を通過し、三瓶山のキャンプ場を目指しました。
しかし、どんどん山に入って行ってるのに一向に雪が見当たらない。
結局三瓶山のスキー場も一面の緑、ていうか枯れ草が広がるばかり。
雪は道路脇とか日当たりの悪そうな所にちょこっとあるだけ。


ケビンに着いたら荷物を降ろしてすぐに近くの温泉へ。
この温泉、国民宿舎の中にある温泉で決してメジャーではないんですが、
源泉かけ流しのお湯で、かなり穴場です。
有名な温泉街は観光客でいっぱいだけど、
ここの温泉は日帰り入浴の地元の人が多いようです。





雪遊びができなくて残念だったけど、
でもケビンでの一夜はすごく静かでとってもくつろげました。
オプションで申し込んだ鴨鍋がまた最高で。
私個人としては、前日のカニよりも鴨鍋の方が満足でした。
息子もいっぱい食べてました。


翌日。
なんとしても雪遊びをしたかった我らは琴引スキー場を目指しました。
その途中で『一福』という有名な出雲そばのお店に寄り腹ごしらえ。
美味なりー!
最近、そばに目がないマッハ一家なのです。





人工雪のスキー場だったけど、かなり楽しめました。
息子よりも私の方が楽しんでました。
ソリすべり、最初は恐る恐るでしたが、何度も練習を繰り返し、
ブレーキや方向転換、スピード調整などもできるようになりました。
ちなみに息子はキッズスペース(雪なし)で
よその子と取っ組み合いのケンカしてました。


よその子にのしかかる息子。Photo by オット



というわけで、楽しい楽しい2泊3日の誕生日旅行でした。
そして昨晩は、お土産に買って帰ったカニとサザエを食したのですが。
サザエの方は網の上で壷焼きにするだけですから全然余裕なんですが。
問題はカニですよカニ。
だって丸ごと1匹。
しかも生きてらっしゃる....
カニなんてさばいたことないし。
どうすんのー?!


とりあえず私は無理なんですよ。
でもオットもかなりびびってて、
ちょこっと触ってピクピクって動くたびに、
ふたりして「ひゃあああああっ」とか言ってて、
ほんと、生きたまま丸ごと買ったことをかなり後悔しました。
今度からは茹でてあるやつ買うぞー!(涙)みたいな。
でもまあこれも経験ですから、ええ。
ていうか、何とかしてさばいておいしく食べてやらないと
カニさんにも申し訳ないし。
で、オットに頑張ってもらいました。
すごく男らしかったです。
惚れました。
初めて男気を感じました。




   一、カニをまな板に載せて、テーブルに移動。
   二、『ふんどし』を本体より引きちぎる。味噌(内臓)でろ~ん。
   三、包丁で縦に切れ目を入れて甲羅部分から引き剥がす。
   四、引き剥がしました。


ああ....
残酷だ....
でも、これでめでたく生き物だったカニが食べ物のカニになったわけで。
ここからは私の出番。
半分は足から身を取り出して氷水に浸けて刺身に。
もう半分はたっぷりのお湯で塩茹でに。
そして味噌は薄めたダシ醤油を甲羅に注いで軽く沸騰させて。
美味なりー!
旅館で食べたのよりも美味だったなりー!
息子も「かにー!かにー!」っつって、いっぱい食べてたなりー!


はい。
以上で旅行レポートを終わらせていただきますけども、
いかがでございましょうか。
みなさんも行ったような気分になれましたでしょうか。
さようでございますか、それは良うございました。

PageTop

変わらない差





息子の身長は、現在約95cm。
うまれた時が53cmだったので、40cm以上も伸びた。
つまり、私との身長差が40cm以上縮まったということだ。
こうして、私と息子の身長差はこれからもどんどん縮んで、
いつか抜かされる日が来るんだろうな。


でも、年齢差は決して変わらない。
今日で私と息子の年齢差は30歳になった。
あと5ヶ月足らずでまた31歳差になるけど。
こうして、私と息子の年齢差はこれからも30歳差と31歳差を
行ったり来たりするのだ。


でも、その年齢差もいずれは縮み始める時が来る。
私が死んだら私の加齢はそこで止まる。
そして息子がどんどん私の年齢に近付いてくるのだ。
これは実に自然なことであり、悲しむべきことではない。
むしろ喜ばしいことだ。
私と息子の年齢差が拡がっていくことを考えれば....


親と子の年齢差が拡がっていくことほど悲しくて不幸なことはない。
私は息子をうんでから、
それまで他の誰に対しても持ったことのない特別な感情が
自分の中にたくさんあることを知った。
いや、その特別な感情というのは元々持っていたものではなく
息子をうむと同時に私の心の中に次々とうまれてきたものだと思う。


どうかこれからも健康で、元気に大きくなってください。
息子に対する期待や希望を言い出せばきりがないけど、
どうしても譲れない、オカアからのただひとつのお願い。
決して、オカアよりも先に、この世からいなくならないで。




息子は今日で満3歳になりました。
いわゆる『魔の2歳児』時代は終わったわけですが、
実質はまだまだ暴れん坊で甘えん坊なごんたくれです。
あ、ごんたくれって関西弁なんですかね?(笑)


で、息子の誕生日を記念して、
19日から2泊3日で家族旅行に出掛けます。
また携帯からちょくちょくUPするかも?
お楽しみにー♪

PageTop

シロホン

20070114203916

もうすぐ息子の3歳の誕生日。
今日は、ちょっと早いけどプレゼントを買いに行きました。
シロホン(木琴)です。
オットのセレクトです。

当初の予定はLEGO(ブロック)だったのですが、
クインテット(NHK教育の番組)が大好きで、
いつも歌ったりラッパやハーモニカを吹いたりしてるし、
何よりオモチャ屋でシロホンを見た時の息子の食い付きが、
そりゃもう凄かったので(笑)

もしかして将来、小沢征爾みたいに世界的に著名な指揮者とかに
なっちゃったりしちゃったりしちゃったりしてー!

----

年末に壊れたPCのキーボードがまだ直っていないため、
皆さんのところへ伺えずコメントも放置状態で申し訳ないです。
復活次第、また以前のようにストーキング予定ですので、
今しばらくお待ちくださいませ。
ごめんなさいっ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。